新しい時代のメディア

  1. VR
  2. 512 view

オキュラスクエスト2のフェイスカバーを購入&レビュー【鼻の隙間や光漏れが気になる方必見】【アクセサリー】

こんにちは、Fe(エフイー)です。

2020年の11月にオキュラスクエスト2を購入して1ヶ月と少しが経ちました。

毎日のビートセイバーによる鍛錬で、体が少しずつ強くなっているのを感じる今日この頃ですが、今回はオキュラスクエスト2に装着するフェイスカバーをご紹介します。

数週間前に購入し、実際に使用した感想などのも交えて紹介していきたいと思います。

今回購入したのは、オキュラスクエスト2に装着可能なフェイスカバーです。

※オキュラスの公式ではありませんので、保証やトラブルには対応されません。

(オキュラスクエスト2にフェイスカバーを装着した写真)

フェイスカバーを装着したオキュスクエスト2を遊んで初めに思ったことは、

オキュラスクエスト2を買ったのならば、フェイスカバーはマストバイです!!

これは絶対買ったほうがいいです。

もちろんなくてもオキュラスクエスト2は楽しめますが、フェイスカバーをつけることで得られるメリットがかなりありました。

細かく説明していきます。

 

オキュラスクエストは通気性などの問題から、鼻のあたりに大きめな隙間があります。

完全に顔を覆ってしまうと空気を入れ替えることがなかったり、体を動かすVRゲームだと湿気が逃げれなくなるので、ゲームをプレイするのにあると役に立つ隙間です。

しかしこの隙間、なかなか厄介で視線を下にそらしたり、明るところにいると外の光が入ってきてしまい、没入感が下がってしまう原因にもなります

部屋を暗くすれば入り込む光も少なくなりますが、暗すぎるとオキュラスクエスト2のトラッキング用のカメラが作用できなくなりますので、あまりお勧めできません。

そこで役に立つのがフェイスカバーです。

フェイスカバーを使用することで、隙間をほとんどなくすことができます。

(フェイスカバー装着後のオキュラスクエスト 2)

フェイスカバーは公式のものではなくてもしっかりフィットして外れにくく、VR体験の没入感を何段階も上げてくれます。

また、私も毎日の様にプレイしている「ビートセイバー 」は体を動かすVRゲームですので、当然汗を掻くこともあります。

VRゴーグルの最大の難点はこの、汗をかいてしまうことにあります。

顔を覆うものですので、汗をかくとVRゴーグル本体に汗がついてしまうということを懸念する人も多いと思いますが、フェイスカバーを装着することで、汗が直接オキュラスクエスト2本体に触れることはありません。

フェイスカバーが汚れたり、傷ついたりしても洗ったり、交換することも簡単ですので、フェイスカバーは必ずつけたほうがいいでしょう。

フェイスカバーにも様々なタイプがありますが、私が今回購入したのはシリコンタイプのフェイスカバーです。

理由は一つ、洗えるから。

激しいVRゲームをやって汗ばんでも、カバーを洗うだけでオキュラスクエスト2本体を清潔に保てます。

↑今回購入したものと同じものはこちら

シリコンタイプにも様々な種類や色があります。

自分の好みの色にカスタマイズできるのもフェイスカバーの魅力です。是非自分だけのオキュラスクエスト2にカスタマイズしてみましょう。

気に入ったものがあれば是非チェックしてみてください。値段帯も1000円程なので、手に取りやすいかと思います。

 

オキュラスの公式アクセサリーを購入したい方は以下からチェックしてみてください!

オキュラス公式アクセサリー販売ページ

 

今回はオキュラスクエスト2のマストバイアイテムのフェイスカバーをご紹介しました。

VR体験同様、やってみれば装着前と装着後で没入感の違いがわかると思います。

次の機会ではフェイスカバーの比較などを行って記事にしたいと思いますので、是非そちらも見てくれると嬉しいです。

 

それではまた(^o^)/

 

 

 

 

 

VRの最近記事

  1. YouTubeで視聴できる地震体験VR動画、360度動画まとめ【日本人は一回見ておくべき】…

  2. iPhoneだけでオキュラスクエスト2のMR撮影を行う方法 ビートセイバー MR撮影してみ…

  3. バーチャル雪まつりに参加しました VR 仮想世界で開催【VRで雪まつり】【感想とこれからの…

  4. オキュラスクエスト2の利き手側のコントローラーの電池の消費が早い件【充電池のすゝめ】

  5. 【MacBook版】オキュラスクエスト2で撮影した写真や動画をパソコンに転送する方法【写真…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP