新しい時代のバーチャルブログ

  1. VTuber
  2. 152 view

VTuberの切り抜き動画のチャンネルは収益化可能?

こんにちは、Fe(エフイー)です。

昨今YouTube上で人気の切り抜き動画。

主にライブ配信のアーカイブから面白い場面などを切り抜いて再編集したのちにアップする切り抜き動画を投稿する切り抜きチャンネルが、現在YouTube上で数を増やしています。

そんな切り抜き動画は、ライブ配信を主に活動するVtuberの切りぬく動画が数多くアップロードされています。切り抜き動画だと面白いところだけを気軽に見れるので忙しい人や、あまり長く見ることが出来ない人にはとてもオススメです。

今回は、そんなVtuberの切り抜き動画、切り抜きチャンネルの収益化について解説していきます。

今回は、ホロライブとにじさんじに所属しているVtuberの切り抜き動画、切り抜きチャンネルについて解説していきます。

 

VTuber公式の切り抜きチャンネルも存在する

YouTube上には、ホロライブやにじさんじの公式の切り抜きチャンネルも存在します。

ホロライブの公式チャンネル。切り抜きの動画も数多く投稿。

 

にじさんじの公式の切り抜きチャンネル。投稿頻度も高め。

しかし、現状再生回数が多いのは、一般視聴者が運営する切り抜きチャンネルです。

なぜ公式うよりも視聴者の運営する切り抜きチャンネルのほうが動画の視聴数が多いのかは、単純に視聴者のほうが、視聴者側の需要がわかるので、見られやすい動画を作れるからです。

そういう意味では、切り抜き動画というのは、YouTubeの視聴者が作り上げた文化ともいえます。動画配信者も、視聴者に作ってもらったほうが需要が高い動画になるのを分かっているので、自らで切り抜きの動画を作成することはほとんどありません。

 

VTuberの切り抜き動画作成は著作権侵害になる?

VTuberだけでなく、すべての切り抜き動画作成にあたって気になるのは著作権。
動画配信者の創作物である動画を使って自分のチャンネルにコンテンツを作るの以上、切り抜き動画作成は著作権侵害にあたります。

ただ、著作権侵害は著作者が訴えないかぎり罪に問われない「親告罪」なので、多くの場合黙認(あるいは広告効果を期待して推奨)されています。

切り抜き動画の宣伝効果は、正直言って凄まじいです。Vtuberの視聴者の中にも、切り抜き動画からVtuber本人のことを知ったという人は大勢います。Vtuber側は無料で広告を打て、かつ視聴者が増えているわけですから切り抜きチャンネルとは共存の形をとっているのです。

現在切り抜きチャンネルはその規模を拡大し、月に数百万円稼ぐ切り抜きチャンネルも存在するほどです。そこで現在は、これから紹介するような規約を決める会社が増えてきました。収益化していないチャンネルでも、ライブや限定公開の切り抜き動画をアップしてしまうと厳しく対処される可能性がありますので、これから切り抜きチャンネルを始めようと思っている方は、以下より切り抜いていいものと切り抜いてはいけないものをしっかりと判断し、規約に沿った動画作成をしていきましょう。

 

VTuberの切り抜き動画で収益化してもいい?

結論Vtuberの切り抜き動画は収益化が可能です。

とはいっても切り抜き動画の収益化そのものは、VTuberの所属する運営会社のガイドラインによって様々です。今回は「いちから株式会社(にじさんじ)」と「ホロライブ」のガイドラインを用いて収益化について解説していきます。

「いちから株式会社(にじさんじ)」のガイドライン

第6条(販売について)

  1. コミックマーケットやインターネットを利用した同人誌や二次創作グッズの販売等のうち、みなさまの趣味の範囲内の活動であれば、本コンテンツの二次創作作品を販売することはできます。しかし、その販売行為を、ファン活動を超えた事業活動として行ってはならないものとします。また、第1条第2項で記載いたしましたとおり、本コンテンツをそのままコピーする行為(またはこれと同視できるような行為)によって製造された物は、二次創作作品とはいえないため、これを販売する行為は一律禁止します。
  2. その販売行為が、前項の事業活動に該当するかどうかは、当社が作品の生産数量、販売価格、作品の性質等の諸要素を総合的に判断して決します。当社は、その販売行為が事業活動に該当すると判断した場合には、その販売行為を差し止めさせていただく場合がございます。
  3. イラストレーターの方々が、別途当社と契約をして、当社のために描き下ろしてくださったイラストを画集等として販売する場合には、当社にて監修をさせていただきますので、個別にご連絡をいただくようお願いいたします。
  4. 当社の公式キャラクター及びこれに関連するイラストを原作品とするフィギュア、ガレージキットなどの立体物については、当社が各イベント主催者に対して、当日版権を許諾するイベントにおいてのみ販売いただけます。当日版権の申請の詳細については、各イベント主催者にお問い合わせください。

https://event.nijisanji.app/guidelines/ より引用

つまり

  • コミックマーケットや通販でのグッズなどの販売は、ファンとして趣味のレベルの収益なら良いが、事業活動としての販売やコンテンツをそのままコピーしたものは禁止。事業活動といえるかどうかは、いちから株式会社が判断する。
  • いちから株式会社から委託された描いたイラストを含む画集を販売したい場合は、監修させてください。※プロのイラストレーターの方向けの規約です。
  • フィギュアなどの立体物を販売はいちから株式会社が当日版権(簡易的な商品化許諾制度)を許諾したイベントに限られます。販売したい人はイベント主催者に相談してください。

ということになります。

また、第4条の5項目目には「第6条で定める範囲を超える収益化を目的とする本コンテンツの利用に関しては、当社の事前の承認を受けてください。」とあります。つまり、これ以外の方法で稼ぎたい場合は個別に相談してください、ということになります。そして第6条ではYoutubeの収益については言及されていないので、収益化するにはいちから株式会社の承認が必要です。

 

「ホロライブ」のガイドライン

第4条(本キャラクターの利用許諾範囲)
2. 利用者は、前項の利用にあたり、以下の各号に掲げるすべての利用条件を遵守するものとします。

  1. 第三者の知的財産権その他一切の権利及び名誉を侵害しないこと
  2. 本キャラクターの名誉・品位傷つける行為をしないこと
  3. 公序良俗に反する行為や目的、暴力的な表現、反社会的な行為や目的、特定の信条や宗教、政治的発言のため利用しないこと
  4. 本キャラクターの公式商品であるかのような誤解を招く利用をしないこと
  5. その他、当社が不適切と判断する行為に利用しないこと
  6. 商用利用に関しては、当社より事前の承認を受けるものとすること

https://www.hololive.tv/terms より引用

第2項目目の6で商用標利用する場合は運営会社の承諾が必要」とありますので、収益化する場合はホロライブの承認が必要です。

逆に言えば、収益化しないのであれば(1)~(5)の条件を守っていれば自由とも言えます。

 

以上より、どのみち許可は必要ですが、許可をとれば収益化は可能という内容でした。

また、収益化しなければ動画の政策自体は黙認されているようなので、自分自身でどういうチャンネルの運営をして陸のか考えたうえで切り抜き動画を制作してみてはいかがでしょうか。

 

切り抜き動画の制作に必要な動画編集スキルはどの程度?

切り抜き動画の作成に必要なスキルは、殆どありません。

動画を切り抜いてそのままアップロードもできますし、字幕を多少付ける程度であれば、YouTube上にある解説動画や、以下のような簡単な書籍で身につけることが可能です。

プロが教える!Premiere Pro デジタル映像編集講座

 iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

 

動画編集のスキルを身につけるついでに、切り抜きチャンネルでYouTubeドリームを狙ってみるのも、面白い挑戦かも知れません。

切り抜き市場は右肩上がりではありますが、いずれ飽和してしまうのは確実ですので、切り抜きをやりつつ、動画編集のスキルを磨くのが最も効率的な切り抜き動画市場への参入方法かと思います。

 

少しでも参考になれば幸いです。

それではまた。

 


VTuberの最近記事

  1. 桐生ココが引退発表日、誕生日に受け取ったスパチャ金額はいくら?【ホロライブVTuber】

  2. 桐生ココ引退|視聴者のTwitter反応まとめ【ホロライブ VTuber】【一体なぜ?】

  3. 桐生ココが人気の理由❘総額1.5億円以上でスパチャランキング1位【ホロライブ VTuber…

  4. VTuber本人はスパチャ(スーパーチャット)をいくら受け取っているの?

  5. 5月のスパチャランキングTOP5 ホロライブ所属VTuber【2021年】【バーチャルYo…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP