ゼロから始めるVRゲーム開発

知識ゼロから学生のVRゲーム開発に参加してみた【第3話〜VRゲーム開発のunityを学び始める篇〜】

こんにちは、Fe(エフイー)です。

知識ゼロから学生のVRゲーム開発に参加してみたシリーズの第3話「〜VRゲーム開発のunityを学び始める篇〜」です。

第2話はこちら↓

前回、VRゲーム開発における開発環境について、アンリアルエンジンを用いるか、unityを用いるかをそれぞれの開発環境の特徴をあげながら検討し、今回の私たちのゲーム開発はunityを使用することに決まりました。

 

以前からunityに興味はあり、参考書も買っていたのですが、

こちらの「作って遊べるUnity VRアプリ開発入門」はVR初心者向けの手広い内容で、どちらかというと環境構築寄りの内容だったのと、2018年の10月に発売されたもので少し年数がたっていたため、せっかくならより新しいものを使って学んでいこうということで、現在販売してあるUnityを用いたのゲーム開発をお学べる本を探ました。

 

たくさんある中から今回私が購入したのが

「UnityではじめるC#知識ゼロから始めるアプリ開発入門 基礎編 改訂版」です。

本書は2020/12/1に第一刷が発売されました。

結局知識はゼロからスタートですが、プログラミング言語のC#(Cシャープ)を用いて、本格的に学べるものだったので、こちらを購入しました。

アマゾンでは無料立ち読みが可能ですので、購入を検討している方や、VRゲーム開発を学んでみたい同志は一度立ち読みしてみてください。 

 

【プログラミング知識ゼロから楽しくゲーム開発をはじめよう! 待望の改訂版、登場】

人気のゲームエンジン「Unity」でゲーム開発をはじめたいプログラミング初心者に向け、プログラミング言語C#の基礎から丁寧に解説したプログラミング入門書、待望の改訂版です。「Unityで開発する準備をしよう」「C#の基本」「分岐とループ」「Unityを使ったプログラミング」「脱出ゲームをつくろう」「物理パズルをつくろう」「スマートフォンアプリの公開」の全7章。序盤4章まででC#の概念を習得し、5章でシンプルな脱出ゲーム、6章で物理演算を使ったゲームをつくり、7章でアプリ公開の方法を解説します。

〈本書のポイント〉
・C#の基本を習得しながらUnityでゲームを作成し、ストア公開まで行える!
・カジュアルゲームの制作方法がわかる!

〈こんな方にオススメ〉
・Unityでのゲーム開発に興味のあるプログラミング初心者
・C#がわからず挫折した経験者

〈目次〉
Chapter 1 Unityで開発する準備をしよう
Chapter 2 C#の基本中の基本を覚えよう
Chapter 3 条件分岐と繰り返しをマスターしよう
Chapter 4 Unityを使ったプログラミング
Chapter 5 脱出ゲームをつくろう
Chapter 6 物理パズルゲームをつくろう
Chapter 7 実機テストとアプリの公開

Amazon販売ページより引用)

 

今回は実際に「UnityではじめるC#知識ゼロから始めるアプリ開発入門」の Chapter 1 Unityで開発する準備をしよう を実際に進めていきます。

chapter1ではunityとC#の説明、そしてunityのインストールを行っていきます。

 

早速実践!

 

1-1 UnityとC# 

Unity 

unityの特徴はいくつかありますが、スマートフォン向けのアプリが比較的簡単に開発できるのが大きな特徴といえます。私が今回のプロジェクトで作成するゲームはオキュラスクエスト2で遊ぶものを想定しているので、スマホアプリとは形式が若干異なりますが、書き出すファイルなどが変わるだけで、VRゲームはスマホアプリでも、VRHMDで遊ぶゲームでもゲームの中身はさほど変わりはありません。スマホで楽しむか、オキュラスクエスト2をはじめとしたVRHMDで遊ぶかの違いです。

細かいことはまだわかりませんが、VRゲームを開発する以上、スマホアプリとしてもリリースできたら面白いと思うので、ゴールを狭めることなく、スマホアプリとしてもゲームを完成させられたらなと思います。

*iosのゲームはMacbookがないと完成させられないらしいので注意が必要です。

 

C# 

unityでは主なプログラミング言語としてC#(Cシャープ)が使用できます。

もともとはマイクロソフトが作ったプログラミング言語らしいです。

C#は、C言語やC++、Javaなどを参考にして作られていますが、unityを学びたい人にとってC言語やJavaから学び始めるのは遠回りすぎます。そしてC#の入門書は大体がWindowsのアプリを制作するものなので、unityを勉強したくて、かつC#を学びたい方には本書「UnityではじめるC#知識ゼロから始めるアプリ開発入門 基礎編 改訂版」はおすすめといえます。

 

1-2 Unityのインストール

unityをインストールして今回は終わろうと思います。

Unity Hub(ユニティハブ)をダウンロードし、そこから様々なバージョンのunityをインストールする事ができました。

 

 

以上でひとまず環境構築はできたので、早速参考書や動画などを参考に勉強していこうと思います。

以上知識ゼロから学生のVRゲーム開発に参加してみた【第3話〜VRゲーム開発のunityを学び始める篇〜】でした。

第4話でお会いしましょう。

それではまた。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP