新しい時代のバーチャルブログ

  1. 50 view

相島を旅したら猫だけじゃなく自然がすごかった【青春18きっぷ】【JR日本縦断】

こんにちは、Fe(エフイー)です。

2019年に青春18きっぷを利用して日本をJRで縦断した際に立ち寄った福岡県の猫島として有名な相島に行った際の感想と写真を紹介します。

青春18きっぷとは、全国のJR線の普通列車・快速列車に乗り放題のフリーパスです。“1日乗り放題”を5回分楽しめて、価格は12,050円です。

私は今回の旅で10回分、24,100円分の青春18きっぷを購入し、日本縦断をしました。

青春18きっぷは毎年、学生の長期休暇のシーズンに合わせて発売されます。
例年の切符利用期間(発売期間)は
春:3月1日~4月10日(2月20日~3月31日)
夏:7月20日~9月10日(7月1日~8月31日)
冬:12月10日~1月10日(12月1日~12月31日)

 

そして青春18きっぷで日本縦断した今回の旅路の途中で寄ったのが、福岡県の相島です。

相島は「世界6大猫スポット」として日本国内だけでなく世界中の方に人気の観光地です。

詳しいアクセス情報や最新情報は公式サイトからどうぞ。

 

それでは早速相島の旅を紹介しましょうか。

 

船着き場にて。相島には新宮港から出ているフェリーで行きます。新宮港までは「西鉄新宮駅」と「JR福工大前駅」、「新宮中央駅前」から出ている連絡バスで行けます。

私は青春18きっぷを使ってJR福工大前駅まで行き、そこからバスで行きました。

たくさんあった荷物はチケット売り場横のロッカーに預けました。300円くらいだったかな。

相島へ出航。チケットは片道460円。片道約8kmの船旅。

海の風が心地いい。札幌に住んでいるから、フェリーに乗るのは新鮮だった。

広い空。日々の色んなことを忘れられるのんびりとした船旅。

相島が見えてきた。あの島に猫がたくさんいるのだろうか。

相島に到着。空と海を眺めていたらすぐに着いた。港で招き猫がお出迎え。さて、島を周ろうか。

早速第一島猫発見。

相島の猫は人間慣れしていて、かなり懐っこい。

おいおい、かわいいな。大サービスじゃないか。帰りのフェリーの時間もあるので、名残惜しくもお別れ。猫島といわれる相島でも、猫とは一期一会。

美人な白猫も。

 この写真は何となくお気に入り。室外機と猫が良い味出してる。

玄関にも。

相島には子猫もたくさんいた。

日陰には猫がたくさんいた。夏だから、みんな眠ってましたがね。

帰りのフェリーまでの時間はそこまで長くなかったが、せっかくなので島を一周することにした。家から離れたあたりから、猫の姿は見かけなくなった。

結局は人間がご飯をくれるから、家の周りに集まってしまうんだろうか。

周りが海だと風が気持ちいい。

少し進むと山の中へ入る道のようなものを発見。好奇心が勝ったので進むことにした。

雰囲気がいい。ノスタルジックだなぁ。

コンクリートの道から、どんどん山道になっている気が。ジブリの世界観に引き込まれている感じがする。

ん、抜けそう。

山道抜けたら、完全に山に出た。引き返すのもあれだし、このまま進んでしまおう。けものみちって感じだけど、人が普通に歩けるあたり、島の人の通り道とかなんだろうか。

おぉ、すっごい雰囲気。

これ以上行ったら戻れなくなるような、千と千尋の神隠し的な、別世界の雰囲気を感じる。

突き進んだら家が見えた。普通の道に出られそう。

?!

ここで猫との邂逅。気づいたら目の前にいた。

こんなところで猫に会うとは。この猫は山に住み着いているんだろうか。

山道を抜け、舗装された道が。とりあえずまっすぐ進む。

と、いきなり分かれ道。何となく左へ行こうか。

また分かれ道。こんどは右へ行こうか。

ちなみに港から離れて以来、まだ誰とも出会っていない。この島に自分しかいないんじゃないかと思うほどだった。聞こえるのは虫の声と、鳥の声のみ。

少し広い所へ出た。ここからは海が見える。ゆるい上り坂だったので、景色が高くなっている。

何やら看板が。

この先には石が嘘みたいに積まれているらしい。

ここにも鳥居が。神秘的でよい。

結構歩いたが、下り坂になってきたので、ゴールへは進んでそう。

一気に山を抜けた。この圧巻の景色。猫を求めてやってきたが、猫以上に価値のある景色を見れた気がする。

多分トンビ。

空が本当に広かった。遮るものもなく360度に広がる空と雲と、海。

港へ帰ってきた。なんとか島は一周できた。

やはり家の周りには猫が。相島が猫の島であることを思い出した。

こんなところにもねこ。

くろねこも隠れてた。

気持ちよさそうに寝とるなぁ。

ねこが逃げないのは、なかなか新鮮な体験。

相島のねこのたまり場。

ねこ好きそうなおじさんが写真撮ってくれた。

帰り際、相島のお土産屋さんでステッカーとポストカードを購入。こういうのって、もったいなくて使えないから溜まりがち。

猫を求めていった相島。結果として素晴らしい景色が見れて、なんだか得した気分。

フェリーに乗って、新宮港へ。

港からバスでJRの駅へ戻り、次の目的地へ。

旅は続く…

 

旅の最近記事

  1. はじめしゃちょーの金の盾を見に静岡(ついでに岡崎)へ行った旅【青春18きっぷ】【JR日本縦…

  2. 尾道のノスタルジックな景色を楽しむ旅【青春18きっぷ】【JR日本縦断】

  3. 相島を旅したら猫だけじゃなく自然がすごかった【青春18きっぷ】【JR日本縦断】

  4. BurnQueの路上ライブ。初めて音楽に心を動かされた二十歳、晩冬の新宿駅前。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP